株式会社YJK Solutions

導入事例

株式会社ユニエツクス様(tradeN)

基幹業務統合による全体的な効率アップを実現
作業スピードアップによる残業代の大幅軽減と
情報共有・可視化の実現

お客様名 株式会社 ユニエツクス様
システム構成 tradeN基本パッケージ+カスタマイズ・アドオン(※)
(※)画面項目追加、名称変更、帳票出力項目追加・レイアウト変更、請求・支払登録独自ルール適用(管理番号採番ルールの他システム統一等)、収支システム連携インターフェース追加

導入の背景

株式会社ユニエツクス様は大正9年創業で、海貨業・通関業・倉庫業・港湾運送業など幅広い物流サービスを手掛けている老舗企業である。
2001年秋頃の特定顧客向け3PLWebシステムの開発導入がきっかけとなり、徐々にYJKとの信頼関係を強めて行った。当時、海貨業務はシステム化されていたものの、NVOCC業務についてはほとんど全てをマニュアル作業で実施しており、YJKからNVOCC業務システムパッケージである「tradeN」について何度か紹介・説明を行っていた。

2005年の海貨システムのリプレースにあたり、同関連会社の株式会社ユニシステムとYJKが共同で開発することになったが、その過程で、兼ねてから課題として認識されていたNVOCC業務のシステム化も同時に進めていくことが決まった。先行して使用していたシステムがないため、まずはパッケージそのまま(ノンカスタマイズ)の「tradeN」を利用出来る環境を社内に構築。実業務の中で「tradeN」を使いながら追加すべき機能・改修点を洗い出して行き、本格的な導入に繋がった。

この海貨システムと「tradeN」の導入により基幹業務が統合されることになり、業務システムから収支システム・経理システムへデータ連携をして、全体の作業効率アップを目指していた。

導入効果

■実務担当者3名とシステム管理担当者の声です。

お話:国際営業チーム/輸出業務ご担当:浅見様 /輸入業務ご担当:李様遠山様 情報システムグループ:中島様
(国際営業チーム3名は全員若手社員で、李様浅見様は1ヶ月の『tradeN』導入前の業務経験がありますが、遠山様は配属当時から『tradeN』を使用されています。)

-毎日の業務で『tradeN』をお使い頂いているとのことですが、導入前の書類作成は主にExcel等による手作業であったとお伺いしております。もし『tradeN』がなかったら…という状況をご想像頂くと、いかがでしょうか?

遠山様
「昔から実務を担当している先輩社員に話を聞くこともあるのですが、当時はとにかく作業量が膨大で遅くまでの残業は当たり前、徹夜で帰れないことも多かったそうです。今でも、特に月末の締めの時期は『tradeN』を使っても大変なのに、手作業となると想像出来ないですね。その時代には戻りたくありません。」

李様
「私が今の業務に配属されてから1ヶ月後に『tradeN』が導入されました。『tradeN』で業務を行うようになってから、書類作成のスピードが上がったと感じています。昔は、担当者が今よりも多かったのですが、人手は常に全然足りない状態でした。」

-担当業務ごとによくお使い頂いている機能や、特に便利だと感じている機能を教えてください。

遠山様
「私は、D/O・A/N・請求書の作成を主に担当しています。Copy機能(*1)は大いに活用しています。同じ取引先の貨物など似たような内容を登録することが多いので、初めから入力することはあまりありません。D/O・A/Nの一括印刷機能はよいですね。その時に出力したいものを自由に選択できる点が気に入っています。」

浅見様
「輸出業務では、特にH B/L作成機能が便利です。H B/Lの表示内容は、お客様によって細かく要望が異なるので、イメージ編集画面(*2)で微調整をしています。Attached Sheetも自動的に出るので、とても助かっています。書類作成だけではなく、入力内容や支払処理のチェックにも活用しています。例えば、管理帳票に出力した数字がマイナスになっている場合は、換算レートに入力ミスがある可能性が高いですし、H B/Lの概算区分(*3)を見て、支払処理の漏れがないか確認することも出来ます。」

李様
「以前に比べて社内の管理がしやすくなったというメリットもあります。実務担当者だけでなく営業担当者も使えるので、『tradeN』から検索して担当顧客の依頼の進捗状況や過去の実績を確認したりしています。昔は、実務担当者が保管している書類から該当情報を探し出す作業もあったので、かなりスピード(業務効率)が上がったと思います。」

-社内での情報共有化・可視化といった点でも有効だったということでしょうか?

李様
「そうですね。」

-『tradeN』から経理システムへ連携したことによる具体的な利点はどのようなものでしたか?

李様
「以前は船社からの請求書を見ながら、社内伝票に1件ずつ手書き処理をしていました。今は、『tradeN』に登録したデータから『収支システム』『経理システム』と自動的にデータが送られていくので、とても楽になりました。」

中島様
「全体的に効率アップが図れたことは間違いありません。『tradeN』と経理システムだけでなく、全基幹業務システムの統合をした結果、全てWeb上で一元管理が出来ています。」

(*1)Job, Booking, H B/L, I/I等のあらゆる登録画面に標準搭載。過去のデータの有効活用が可能。

(*2)『tradeN』のH B/L作成機能の特長のひとつ。出力前の印刷イメージ確認画面で自由に修正・追記が可能。

(*3)導入時にカスタマイズとして、仕入登録画面に追加した項目。

製品に関するお問い合わせはこちらお申し込みフォームよりお問い合わせいただけます。

導入事例一覧

  • 導入事例 S/I通関管理(海貨通関業)
  • 導入事例 航海収支(外港バルク)
  • 導入事例 株式会社ユニエックス様
  • 導入事例 株式会社サンリツ様
  • 導入事例 佐野運輸株式会社様
  • 導入事例 近海郵船株式会社様
  • 導入事例 郵船クルーズ株式会社様
  • 導入事例 旭海運株式会社様
  • 導入事例 NSユナイテッド海運グループ様
  • 導入事例 八馬汽船株式会社様

このページの先頭へ