株式会社YJK Solutions

導入事例

郵船クルーズ株式会社様(SeaCASTⅡ)

客船ビジネス特有の複雑な設計を
可能な限りシステム化

お客様名 郵船クルーズ株式会社
管理部部長代理 岡田 ひろみ氏
システム構成 郵船クルーズ様は客船「飛鳥Ⅱ」を通じてラグジュアリークラスのサービスを提供する客船事業を展開している。今回は客船の視点から海運・国際物流向け会計システム「SeaCASTⅡ」(同社では「NEW STREAM Ⅱ」とネーミング)に焦点を当てる。システムの開発当初から携わった岡田ひろみ氏に振り返っていただいた。

導入の背景

■商船にはない要素が入る客船事業の会計

-素朴な質問からですが、一般商船と客船とで会計や経理は異なってくるのでしょうか。

岡田様
船舶代理店勘定や航海収支をだすなど、商船と重なる部分は確かにあります。一方、客船事業にとっては、お客様から予約をいただいて客室やサービスを提供することが重要な業務ですので、予約管理をするためのシステムや船上の売上や在庫、会計を管理するホテルシステムなどがあり、それが最終的に本社の会計とつながるイメージです。
 また、郵船クルーズは客船事業に関わる2社も含め、計3社の会計を郵船クルーズの経理規格部門が統括しています。加えて、クリスタルシンフォニーやセレニティの日本販売総代理店でもありますので、ドル建ての入金もあります。
 そのため、会計システムの構築という意味では通常の海運業とは違った側面があります。

-いつ頃からシステム導入の検討を始めましたか。

岡田様
1999年1月に導入しましたので、その1年前頃です。当時はまだ手書きの伝票を経理が入力する時代でしたが、次第に担当者がパソコンから入力し、経理がそれを承認する合理的な仕組みに変わり始めようとしていました。弊社も新たな会計システムの構築を検討するためYJK Solutionsさんにご相談し、数社からご提案を頂きました。
 最終的に選んだのは、システム構築に専門性を持ちながらも会計に非常に長けている点、そして経理用語を交えてわかりやすく説明でき、かつこちらからの質問や要望にも柔軟な点でした。入力時に仕分けを意識しなくてもよいなど操作画面も見やすく、エクセルでの出力や二次加工への対応も当時は画期的でした。

導入効果

■稼働に至る経緯はどうでしょうか。

-素朴な質問からですが、一般商船と客船とで会計や経理は異なってくるのでしょうか。

岡田様
操作マニューアルについては、ある程度の雛形はあったのですが、それを郵船クルーズ独自のものに作り替えていく必要がありました。マニュアルづくりから、トレーニングまでを当時の経理部門が一丸となって対応しました。導入直後、心配していた社内ユーザーからの抵抗は少なかったと記憶しています。月次決算強化を目的とした見積管理機能、船別損益の把握、外国送金、消費税対応、他システムとのインターフェースなど、今はあって当たり前の機能が15年前に既にあり、さらに発展してきたと思うと感慨深いものがあります。

-今後の課題や取り組みについてはどうお考えですか?

岡田様
今後「Sea Cast Ⅱ」(同社では「NEW STREAM Ⅱ」)がバージョンアップする機会があれば、船舶代理代理店システムの改善や、予算管理との連携を取り入れたいと考えています。船舶代理店システムは細かな制限も含めて複雑に出来上がっており、運航管理セクションの担当者が交代すると引継ぎが難しく、システムに人が追いついていないのが実態です。  また、導入当初から携わっている一人として「Sea Cast Ⅱ」はどの場面をとっても使い勝手がよいシステムです。ただユーザーからは「経理の仕事は細かいのでもう少し何とかならないか」という声が上がってきているのも事実です。管理部門としては予算予測など、より精度の高い管理会計が求められていると認識しています。
ユーザー側の作業をこれ以上簡素化することもまた難しい中で、社内全体の効率化を踏まえた経理業務フローの見直しの時期にきているだと思います。さらに細かく管理したい部分をもう一度整理した上で、対応を検討し、社内体制を再構築する必要があると考えています。

@月刊誌「KAIUN」2015年7月号に掲載

製品に関するお問い合わせはこちらお申し込みフォームよりお問い合わせいただけます。

導入事例一覧

  • 導入事例 S/I通関管理(海貨通関業)
  • 導入事例 航海収支(外港バルク)
  • 導入事例 株式会社ユニエックス様
  • 導入事例 株式会社サンリツ様
  • 導入事例 佐野運輸株式会社様
  • 導入事例 近海郵船株式会社様
  • 導入事例 郵船クルーズ株式会社様
  • 導入事例 旭海運株式会社様
  • 導入事例 NSユナイテッド海運グループ様
  • 導入事例 八馬汽船株式会社様

このページの先頭へ