社長メッセージ/逃げずに挑戦しつづけること、それが成長への道

社長メッセージ

逃げずに挑戦しつづけること、それが成長への道

YJK Solutions(YJK)は1981年に日本郵船(NYK)の情報システム会社として設立し、2015年からは国内ITリーディングカンパニーである富士通と海運業リーディングカンパニーである日本郵船との共同運営会社として再スタートしました。
ITを通じて「もの運び」を支え、世界経済の発展や人々の幸せに貢献しながら日々成長を重ね、2020年には40周年の節目を迎えます。

島国である日本は、衣食住を支える原材料やエネルギー物資、工業原料などの大半を輸入し、自動車など様々な工業製品を輸出しています。その99%以上が船で運ばれており、海運業によって日本の生活・産業は成り立っています。
これを支えているのが日本郵船グループをはじめとする海運・港湾・物流業であり、多くの企業や人々が関わっています。私たちの役割はこれらの人をITで支え、より円滑に効率的に業務が遂行できるようにし、社会に貢献していくことです。
人でいえば「もの運び」は血液で、血流に載せて酸素や栄養素、免疫物質など生きるために必要な物資を体中に運びます。一方、ITは神経で、五官からの情報を集め体を円滑に動かすための指令を届ける役割を果たしています。
もの運びとIT、ともに経済活動の発展のためにはなくてはならない重要な役割を担っています。

こうした中で、わたしたちYJKの強みは、日本郵船グループのIT戦略をお客様とともに進めてきた事で培った海運・港湾・物流などの業務システムに関する深い知識と、富士通グループの一員としてITの高度化を実現する中で蓄積してきた高い技術力です。
これからもお客様とともに成長し、お客様のtrustworthyパートナーを目指して、日々挑戦を続けていきます。

そしてYJKでは、私たちと一緒に成長し社会に貢献していきたいと思う熱意とチャレンジ精神のある仲間を募集しています。

私たちの仕事の魅力は沢山ありますが、一つ目はお客様の業界や仕事の内容に深く関われるという事です。日本郵船グループをはじめとする「もの運び」の業務は世界中の人々の生活を支え、豊かな暮らしを実現するための重要な社会インフラです。皆さんが当たり前のように世界中の色々な製品を手にすることができるのは、この「もの運び」があってこそで、非常に社会貢献性が高い仕事です。一般の方にはどのようにこの業務が行われているかはあまり見えませんが、私たちは誰がどのように働いていることで今の仕組みが実現できているのかを直接知ることができます。

二つ目は、お客様のIT戦略を進める中で、若い時分からお客様の経営者から現場のメンバまで非常に近い距離で幅広く色々なお話が聞けるということにあります。
なぜならシステムは現場の担当者も企業の社長も利用するものであり、それぞれの方のお話をお聞きしながら創っていくものだからです。さらに、本当にお客様がお困りの事や注目している事、これらの解決や実現に向けてお客様の立場でお客様と一緒に悩み、考え、そしてイノベーションを起こす事ができるということです。これは非常に貴重な経験です。

そして三つ目は、大変な事もありますが逃げずに挑戦しつづけプロジェクトを完遂させた時の達成感、新たなものを生み出した喜び、そしてお客様からのお礼の言葉は何物にも代えがたいもので、自らの成長を感じる事ができるという事です。

こうした体験や想いを私たちと一緒に共有し成長していきませんか。
是非、私たちの明るく楽しい職場で、IT業界を牽引する富士通グループの一員として、そして世界の物流を担う日本郵船グループの一員として、ともにイノベーションを起こしましょう。
皆さんとお会いできる日を楽しみにしております。

代表取締役社長
執行役員社長
畑仲 健

このページの先頭へ